[PR] ドア
HOME  >  募集要項考察  >  募集要項と受験方法の考察


2007年07月15日

募集要項と受験方法の考察

 浦和学院高校の入試時期は大体1月後半に行われる前期入試となっている。公立高校の入試時期に配慮されている。

 入試区分別に分けてみると、単願推薦試験と併願推薦試験が最初に行われる試験で、一般試験が浦和学院の中で一番最後に行われる試験となっている。


【出願資格、平成19年度の事例】

推薦: 平成19年3月中学校卒業見込みの者。心身共に健全で、授業や行事に活動の制限がなく、本校生として支障がない者。

一般: 平成19年3月中学校卒業見込みの者及び中学校を平成17年3月以降卒業した者。
心身共に健全で、授業や行事に活動の制限がなく、本校生として支障がない者。

【受験料、、平成19年度の事例】

一律22,000円(平成19年度予定)


募集要項では以下のように区別されています。


【単願推薦】

中学校推薦:本校を第一希望とし、推薦基準を満たしており、中学校から推薦される生徒。

保護者推薦:本校を第一希望とし、保護者から推薦される生徒。本校の個別相談会に参加している。


【併願推薦】

中学校推薦:推薦基準を満たしており、中学校から推薦される生徒。

保護者推薦:保護者から推薦される生徒。本校の個別相談会に参加している。


【一般】

一般:出願資格以外の条件は、特になし。


 ここでいう中学校推薦というのは、中学校の成績が起因しているという事である。中学校の成績で受験条件を満たせない場合は受験不可能となっている。
 また、保護者推薦というのは、中学校の成績などはあまり関係ないが、個別相談会に参加している事が必須条件になっているので注意する必要があるだろう。
 一般入試については特に条件などはない。


スポンサードリンク



HOME  >  募集要項考察  >  募集要項と受験方法の考察


MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
当ブログ掲載のコンテンツ等の無断掲載を禁止します。
(c)連絡・問い合わせ. ALL Rights Reserved.
このページの上へ▲