[PR] ドア
HOME  >  大学進学状況  >  平成18年度(2006〜2007年)の大学進学状況


2007年08月04日

平成18年度(2006〜2007年)の大学進学状況

 大学進学状況を把握する上で、浦和学院の全生徒数は募集定員の800人前後だと思ってください。類型の違いにより進学状況も変わってきます。どの類型で、どの大学に合格したのかは公表されていないため考察をするのに難しい状況にあります。


 ・下記に、2007年3月卒業生(27期生)進学状況を示します。


【国公立】 24名
東京工業大1、筑波大1、東京学芸大1、横浜市立大1、千葉大1、埼玉大1、電気通信大2、東京海洋大1、群馬大1、山形大1、大阪市立大1、北海道教育大1、高崎経済大1、埼玉県立大3、群馬県立女子大1、沖縄県立芸術大1、島根県立大1、釧路公立大1、青森公立大1、職業能力大学校2


【難関私立大(早慶上理)】 6人
早稲田大2、慶應義塾大1、東京理科大3


【難関私立大(MARCH)】 19人
明治大5、立教大2、青山学院大1、中央大3、法政大8


【主要私立大学】 95人
聖心女子大1、日本女子大1、明治学院大4、成蹊大2、武蔵大6、立命館大1、日本大21、東洋大35、駒沢大7、専修大6、獨協大11


【その他の私大】 502人
大学名は不明


大学・短大現役進学率:84.7%


・大学合格者総計過去4年(左から平成15年〜平成18年)

490人⇒528人⇒551人⇒646人


・早慶上理の進学数過去4年(左から平成15年〜平成18年)

1人⇒11人⇒26人⇒24人


 過去の自分の経験と上記の事柄を、類型別に整理してまとめると以下のようになるでしょう。

【砧爐瞭団А
・指定校推薦が利用できない。
・AO入試の利用。
・一般入試で難関大学合格を目指す。


【粁爐瞭団А
・指定校推薦をフル活用する。
・AO入試の利用。
・一般入試受験者は少ない。


【稽爐瞭団А
・指定校推薦を利用する。
・AO入試の利用。
・一般入試受験者は少ない。


 上記の事柄をまとめると、現状を把握する事が可能ですが、ここ最近の進学実績上昇から推測すると、今後も大きく推移する可能性が高いでしょう。同レベルの偏差値高校に比べると、進学実績は圧倒的に浦和学院の方が良いと思われます。


スポンサードリンク



HOME  >  大学進学状況  >  平成18年度(2006〜2007年)の大学進学状況


MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
当ブログ掲載のコンテンツ等の無断掲載を禁止します。
(c)連絡・問い合わせ. ALL Rights Reserved.
このページの上へ▲