[PR] 建具


スポンサードリンク

2013年09月13日

本校野球部が、螢謄譽唳覿未砲篤段免崛箸悗僚弍蕕決定しました。
放送時間は15分。野球を通して育んだ友情、影の努力や苦悩など、
インタビューを通して紹介されます。是非ご覧ください。

◆放映日時     9月23日(月) 12時〜12時15分
◆番組タイトル  『甲子園春夏連覇へ挑戦したキャプテンの"いま"
                       〜高校野球がくれたもの〜』
◆制作局      株式会社 テレビ埼玉
◆チャンネル    3



2013年09月02日

9月2日14時過ぎに埼玉県東部及び千葉県の一部で発生した竜巻被害に
遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。

浦和学院高校では、多くの生徒の通学範囲のため、
災害発生を受けて生徒、ご家族の安全を心配しております。

本校生徒・ご家族の方、何かございましたら遠慮なく、担任もしくは
学校事務室にご連絡下さい。

事務部



2013年08月23日

本校の吹奏楽部が吹奏楽・マーチングの各部門にて、
西関東大会に出場することが決定いたしました。
9月7日(土)、新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)にて、
第19回 西関東吹奏楽コンクールが行われます。
また、9月29日(日)、ALSOKぐんまアリーナにて、
第19回 西関東マーチングコンテストが行われます。
皆様ご声援をお願いします。

↓ 詳細はクリックをしてご覧ください。
25.8.22 吹奏楽部 吹奏楽・マーチング 西関東大会出場.pdf

企画部



2013年08月15日

学校は、12日〜18日までお盆休み。とはいえ、耐震工事は毎日続けられ、
新学期に備えています。
学校は、「休業」でも、「浦学」は世間に注目されていることを実感しました。

❤14日夕方、学校近くにある「見沼天然温泉 小春日和」を訪れました。
  この写真を見てびっくり。職員の一人として、感謝の気持ちで一杯になりました。

  ↓クリックして「貼り紙をご覧下さい」
   

❤8月15日、FM79.5「NACK5」の中で、投書が紹介されていたそうです。
 校内巡回をしていた私に、生徒活動部のN部長が教えてくれました。
 学校最寄駅の東浦和駅で、アメリカンフットボール部と思われる高校生が、
 遠征に行くために、朝のラッシュ時に大きな鞄をさげて集合していました。
 高校生は、混雑に合わせて鞄を移動させ、ラッシュの妨げに配慮していたそうです。
 それを見た一般市民の方が、「希薄な世の中で、大人でもできないこと」として
 投書されていたようです。投書者は、学校名を匿名にされていたようですが、
 アナウンサーの大野勢太郎氏が、「この学校は、春の選抜に優勝し、
 甲子園でも頑張った浦和の某学院高校です。」と紹介されたそうです。

 私が「すごい」と思ったのは、このラジオを聴いたN部長が、「東京に住むアメフト部の
 監督に電話で連絡をしてあげた」ことを聞きました。
 また、私にも自分のことのように嬉しそうに話してくれました。
 こういう仲間だから、練習なしに「甲子園で素晴らしい応援ができるんだ」と心底確信しました。
 やっぱり、「浦学の卒業生で良かった。職員で良かった。」と、思った瞬間です。

アメリカンフットボール部も野球部も、校内でも礼儀正しく挨拶ができます。
日頃の普通の学校生活が、「普通の人の心を普通に動かす」のだと感じた、
ちょっといい話でした。

企画部



2013年08月12日

↓試合の様子をクリックしてご覧ください。(8月12日公開)
 25.8.10 対 仙台育英高校戦.pdf
 25.8.10 対 仙台育英戦 写真集.pdf

以下は、8月10日23時30分に公開したものです。

   
 第4試合、神戸六甲山の方向に夕日が沈む

第95回全国高校野球選手権記念大会において、本校野球部は、8月10日土曜日 第4試合、
仙台育英高校(宮城県)と対戦し、1対6から大逆転、一時は10対6と試合を優位にリードした
ものの、粘る相手が9回、サヨナラ打を放ち、手に汗握る好試合の終止符をうたれました。

                            
 悔しいサヨナラ勝ちの洗礼を受けた瞬間

本日の甲子園球場は、第4試合にもかかわらず超満員。
浦和学院高校のアルプススタンドも、1,500名の大応援団。
応援席は、浦学ファイヤーレッドの赤一色で埋め尽くされました。
春夏連続優勝という大きなプレッシャーを背負いながら、野球部の選手、
応援団の生徒諸君は、素晴らしいゲームでの健闘と応援を繰り広げてくれました。
これも偏に、浦学ふぁみり〜の皆様の応援の賜物です。お盆帰省の初日で、
15時間かけて埼玉から応援に駆け付けて下さった皆様、
全国各地から大声援を送って下さった皆様に心から御礼申し上げます。

                          
 超満員のスタンドから大声援

今大会は、残念な結果となりましたが、エース小島選手はまだ2年生。
明日から、生徒・教職員一丸となって精進し、この悔しさを晴らしてくれると信じています。
浦和学院高校への大声援ありがとうございました。

企画部





当ブログ掲載のコンテンツ等の無断掲載を禁止します。
(c)連絡・問い合わせ. ALL Rights Reserved.
このページの上へ▲